ホーム
プロフィール
演奏会情報
CD情報
試聴
メール
デュオ
3歳よりスズキ・メソードでヴァイオリンを始める。東京藝術大学附属音楽高校を経て、同大学卒業。'04年、野村国際文化財団の助成を受けて英国王立音楽院に留学し、最高位賞の Diploma of the Royal Academy of Music (Dip RAM)を得て卒業。これまで吉川朝子、澤和樹、ヴォルフガング・マルシュナー、ジョルジュ・パウクに師事する他、ヘルマン・クレッバース、トーマス・ブランディス、ザハール・ブロン、フェデリコ・アゴスティーニ、オレグ・クリサのマスタークラスを受講、'99年、イーストマン音楽学校夏季セミナーin浜松では、ディレクターズ・スカラシップを授与される。ノヴォシビルスク・ヤングヴァイオリニスト国際コンクール・ジュニア部門第3位、マルシュナー国際コンクール第3位、江藤俊哉ヴァイオリンコンクール第1位。'05年同コンクール入賞記念演奏会にて日本フィルハーモニー交響楽団とブラームス・ヴァイオリン協奏曲を共演。NHK-FMリサイタル出演、オーケストラと協奏曲の共演、リサイタルなどソロの他、弟のチェリスト印田陽介とのデュオ、室内楽など、国内外で幅広く演奏活動を展開している。2009CHANEL Pygmalion Days 参加アーティスト。また、邦人作品の演奏にも積極的に取り組み、ミッテンヴァルトよりCD「日本女性作曲家の歩み」(平成21年度文化庁芸術祭参加作品)、「山田耕筰ヴァイオリン&ピアノ作品」などをリリースする他、新作初演も多い。
ストラミュージック ヴァイオリン講師、Kコンクール他審査員を務めるなど、後進の指導にもあたっている。
Chihiro Inda was born in Tokyo in 1982 and took her first violin lesson at the age of 3.Whilst studying at Music High School and the Tokyo National University of Fine Arts and Music, she won Third Prize at the Novosibirsk International Competition for Young violinists (1998), Third Prize at the Wolfgang Marschner International Competition (2002), and First Prize at the Toshiya Eto Violin Competition (2004). She has studied with Gyorgy Pauk, Kazuki Sawa, Asako Yoshikawa, and Wolfgang Marschuner and has participated in lessons and master classes with Oleh Krysa, Hermann Krbbers, Thomas Brandis and Federico Agostini. Chihiro studied at the Royal Academy of Music in London from 2004 to 2006 and gaind her DipRAM Award, the highest award of the Royal Academy. Since her concerto debut with Japan Philharmonic Orchestra in 2005, Chihiro has been performing as a soloist, chamber and orchestra musician at home and abroad. Chihiro has appeared in the "CHANEL Pygmalion Days 2009" concert series, NHK-FM Radio, and her recordings include "Violin Works by Japanese Female Composers" and "Violin Works by Koscak Yamada"which feature western classical music in Japan. Chihiro is the violinist of Bellarti Piano Trio.